抜け毛がひどい、20代女性!その原因は?

20代女性といえば、女性ホルモンの分泌も盛んで、一般的には髪の毛にもっともハリやコシがある時期です。しかし、中には20代にして、抜け毛の多さに悩む方もおられます。

その原因を探っていきましょう。

まず、過度なカラーリングやパーマを繰り返しているならば、髪の毛に大きなダメージを与えていることになります。当然、髪の毛がダメージを受けると、その寿命も短くなりますので抜け毛も増えます。

カラーリングやパーマは適度に留めておくべきです。

また、過度なダイエットも髪の毛にダメージを与えます。摂取する栄養が十分でないわけですから、髪の毛だけでなく心身に大きなダメージを与え、大きな病気にかかる可能性もあるので、ダイエットはほどほどにしてください。

また、20代ともなると、仕事に疲れてくる方たちも増えてきます。ストレスを溜めこむと頭皮にも悪影響がでますので、日々の生活を見直す必要があります。

さらに、女性に特有の脱毛症に休止期脱毛状態というものがあります。経口避妊薬の服用や出産の影響で、女性ホルモンのバランスが崩れることで発症します。

出産後は女性ホルモンが減少しますから、抜け毛も多くなりますが、一時的な症状がほとんどです。ある程度たっても回復しない場合は、皮膚科を受診するなど専門家に相談しましょう。

育毛剤の種類!女性と男性ではこんなにも違う

薄毛が気になりだしたら育毛剤を使用する方が多いですが、育毛剤にもいろいろな種類がありますので、ご自分の薄毛のタイプに合ったものを使用することをお勧めします。

まず、大きく分けると育毛剤には内服するタイプと直接頭皮につけるタイプがあります。

前者で有名なのがプロペシアで、これは医薬品です。生え際や頭頂部の抜け毛を抑える効果があります。反面、側頭部の抜け毛には効果が薄いという報告もありますので、注意してください。

他に内服するタイプのものには、健康食品に分類されるサプリメントがあります。これらは髪の毛に良いとされる亜鉛やビタミンなどが豊富に含まれていますので、医薬品ほどの効果は期待できませんが、育毛の下地を作るには有効といえるでしょう。

頭皮につけるタイプでは、医薬品にフジロン液やリアップ、ロゲインなどがあります。フジロン液は保険が適用されますが、後の二者は保険適用外ですのでしっかり把握しておきましょう。どれも頭皮の毛細血管を拡張する作用があり、育毛に効果があります。

現在、販売されている多くの育毛剤は医薬部外品の直接頭皮につける育毛剤です。医薬品ほど劇的な効果はありませんが、成分が頭皮に優しいものが多いため、副作用の心配も少なく、穏やかに作用していきます。

どれがご自分に合った育毛剤なのか素人判断では難しいですから、専門家のアドバイスにしたがってできるだけ効果が出やすいものを選びましょう。長春毛精 口コミ